HOME

クルマを手放すには、どんな方法があるの?

クルマを手放す方法は様々な方法があります。新しいクルマを購入する場合の下取りや買取りがあります。または、個人売や知人に譲る場合もあるでしょう。事故車や古いクルマであれば廃車にすることもあるでしょう。

 

下取り

クルマを新しく購入する場合にその店で今まで使っていたクルマを買い取ってもらうことを下取りといいます。下取りの場合は必ずしもそのクルマを商品として再流通させることを目的にはしていません。新しいクルマの契約内容によりますが、通常であれば値段が付かないようなクルマであっても、多少は値段が付くこともあります。また、新しいクルマの値引きが苦しい販売店が、下取り価格を上乗せして値引き額を増やすこともあります。

 

買取り

買取り専門店などにクルマを買い取ってもらう方法です。高年式車や人気車種であれば下取りよりも高く買い取ってもらえるかもしれません。しかしながら、そうではない場合には買い取ってもらえないこともあります。また、買取り価格には期限がありますから期限内にクルマを手放す必要があります。

 

個人売

業者などを通さずに個人的に売買することを個人売といいます。個人売は下取りや買取りに比べて高く売れる可能性があります。ただし、名義変更などの手続きの手間や、トラブルなどのリスクもあるということを理解したうえで利用しましょう。

 

廃車

事故車や値段の付かないクルマは廃車にするしかありません。リサイクル料は支払われていますから処分料はかかりません。また、車検が残っていれば自賠責保険料や自動車税の払い戻しがあります。