下取りとは

 下取りとは新しくクルマを購入する場合に、今乗っているクルマをその販売店に引き取ってもらうことです。引き取ってもらうと言っても査定をして買い取ってもらうわけです。販売店としては、クルマを購入してもらうことで利益は上がっていますから、多少は査定額を高くしてくれる可能性があります。

 

下取りはお得?

下取りの場合は次のクルマを購入してくれることを販売店も考慮しますから、査定額に多少は色を付けてくれることもあります。とはいえ、新しいクルマの値引き額には限度があるため、査定額を上乗せしているのが実情のようです。つまり、新しいクルマの購入価格から、査定額を値引きするようなものです。ですから、下取りの場合は必ずしも引き取ったクルマを中古車として流通させることを目的としていないのです。

そのため、通常では到底値段が付かないようなクルマにも多少ですが査定額が付くこともあります。ただし、販売店も商売ですから再販しにくい改造車や特殊なクルマは査定額が低くなる可能性があります。また、事故車や故障車などの場合は査定額が付かないことがあります。

なお、下取りでは名義変更などの手続きは販売店が行ってくれますし、車検が残っていれば次のクルマが納車されるまでそのまま乗っていられますから手間がかからずスムーズに乗り換えができます。