下取り価格について

下取り価格

下取り価格を決める場合、車種や走行距離、事故歴などを考慮して査定を行います。また、ボデーカラーや内装色、オプションの有無なども考慮します。もちろん、綺麗なクルマのほうが印象がいいので査定額は高くなるでしょう。この査定額が基本的には下取り価格となりますが、新しいクルマを購入してもらうことを販売店も考慮しますから、多少は高く査定額を出してくれるようです。とはいえ、新しいクルマの値引き額には限度があるため、査定額を上乗せしているのが実情のようです。

新しいクルマの購入価格から、査定額を値引きするのが下取り価格ですので、下取りの場合は必ずしも引き取ったクルマを中古車として流通させることを目的としていません。鉄くずとしてリサイクル業者に買い取ってもらったりします。そのため、通常では到底値段が付かないようなクルマにも多少ですが査定額が付くこともあります。(下取りという名目ですが、実際は解体業者に運ばれ廃車になるようです)

ただし、販売店も商売ですから再販しにくい改造車や特殊なクルマは査定価格が低くなる可能性があります。また、年式の古いクルマや事故車、故障車などの場合は査定価格がゼロということがあります。下取りの場合は再販を目的とはしていないと言いましたが、当然ながら再販しやすいクルマのほうが下取り価格は高くなります。