査定とは

クルマを買い取ってもらうにせよ下取りに出すにせよ必ず査定をして査定額を出してもらいます。査定とは、クルマの現状を見てこのクルマがどのくらいの価値があるのかの判断基準となります。当然、クルマの状態は一台一台異なります。ですからたとえ、同年式の同じクルマであっても使われ方によっては査定額が大きく異なることもあるのです。

 

査定金額

自動車の査定は様々な項目を総合的に判定して査定金額を算出しています。基本的には車種と年式、走行距離からある程度の査定額を出すことはできます。ただ、これだけでは十分ではありません。ボデーカラーやキズの有無、内装の汚れの有無、事故歴などを考慮します。また、エンジンやミッションなどの各機関が正常に作動しているかも査定の対象となります。

査定は査定士の資格をもったプロがしますから、事故歴を偽ってもすぐにバレてしまうでしょう。その他、中古車市場で人気のあるクルマは査定額が高く、人気のないクルマは査定額が低くなる傾向があります。ですから、古いクルマでも人気があれば査定額は高くなるのです。中古車の市場価格は査定額に大きく影響しますが、市場価格は変動しますから査定のタイミングによって査定額が異なります。

また、買取りと下取りでは査定のポイントが少し異なります。ですから、同じクルマを査定してもらっても査定額が異なることがあります。これは、買取りが再販を目的としているのに対して、下取りは必ずしも再販を目的としていないことも影響しています。