査定額の決め方について

査定額の決め方

基本的には、車種、グレード、ボデーカラー、年式、走行距離から判断してだいたいの査定額を出します。人気車種や人気グレードであるほど査定額は高くなります。また、年式は新しいほど、走行距離は少ないほど査定額は高くなります。これらは実際にクルマをチェックする必要がない項目です。クルマの情報だけで算出できるため、電話やインターネットでも査定できます。しかしながら、それ以外の部分は実際にクルマをチェックしないと正確な査定額が出せません。

 

クルマを査定して査定額を決める

外観ではボデーに大きな傷やへこみはないかをチェックします。もちろん事故歴の有無もチェックします。事故歴は査定額に大きく影響しますが、バンパーを交換した程度では事故歴にはなりません。ただし、大きな事故歴をたとえユーザーが隠していても、査定員はプロですから事故歴は見逃さないでしょう。

内装の汚れやシミなどもチェックします。同時にタバコやペットなどのにおいもチェックします。これは、一度付いてしまったにおいを完全に取り除くのは難しいためです。その他には、エンジンやミッションなどの機関が正常かどうか、異音はしないかなどをチェックします。また、その他の部分も細かくチェックをして査定額が決まります。

なお、日頃のメンテナンス状態も査定の項目に入っていますから、メンテナンスノートや整備記録簿があれば査定員に見せると査定がアップになるかもしれません。