車検と査定額について

車検と査定額

 中古車を購入する場合には、車検の残り期間は気になりますよね。できるだけ車検の残りが長い方がいいと思う人が多いでしょう。では、クルマを買取りや下取りをしてもらう場合に、車検の残り期間は関係があるのでしょうか?車検が切れる前に査定してもらうのと、車検を受けてから査定をしてもらうのとではどれだけの差が出るのでしょうか?

車検の前と後ではどちらの査定額がいいのでしょう?

 車検の前と後では、車検の後の査定額が高くなることがあります。しかしながら、車検にかかった費用分が上乗せになるわけではありません。ほんの少しの金額が上乗せになるか、ほとんど変わらない査定額になるのが実情です。車検を受けたばかりなのに納得がいかないという人もいるでしょう。なぜこのようなことになるのかというと、中古車を流通させる場合に車検の残り期間は重視されないからです。例え車検が切れていたとしても中古車業者では、一般の人が車検を受けるよりもかなり安い価格で車検を受けられます。ですから、車検を受けて査定をしたからといって、その分高い査定額が提示されることはないのです。また、車種によっては国内では再販せず、海外へ輸出することもあります。この場合は、車検が有ろうが無かろうが全く関係ありません。ですから、査定額への影響も全くありません。ですから、車検を受ける前に買取りや下取りに出すことをおすすめします。