洗車と査定額について

洗車と査定額

 査定を受ける前に洗車をするといいという話を聞きますが本当でしょうか?洗車をするのとしないのとでは査定額に違いはあるのでしょうか?そしてなぜ洗車が必要なのでしょうか?

査定前に洗車は必要なの?

 結論から言えば査定前に洗車はしておいた方がいいでしょう。洗車をする理由は二つあります。そのひとつは、査定員が気持ちよく査定をしてもらうためです。もうひとつはクルマから使用感を消すことです。査定員も人間ですから、ボデーが汚れているクルマより綺麗なクルマの方が印象はよくなります。洗車をすることで小キズなどを発見でき、査定前に対処ができるというメリットもあります。

 また、汚れているボデーであればキズが目立たなくていいという話も聞きます。しかしながら、査定員からすればはっきりとわからなければマイナス査定とすることもあるのです。やはり査定前には洗車をすることをおすすめします。業者によっては洗車をする必要はないというかもしれませんが、建前ということもありますから注意が必要です。

 また、普段は洗わないような、エンブレムまわりや、ホイール、タイヤハウスなどを綺麗にしておくと査定員の印象がよくなります。通常洗わないような部分がきれいなら、大事に使っているクルマだと判断してくれるかもしれません。洗車の有無での査定額の差を一般のユーザーが把握するのは困難ですが、少しでも高い査定額をだしてもらうために洗車は必要だと言えます。