キズやへこみと査定額について

キズやへこみと査定額

 クルマを使用していれば、こすったりぶつけたりすることもありますよね。キズやへこみがあると査定額が低いのではないかと考え躊躇してしまいます。では、キズやへこみは査定額にどう影響するのでしょう?キズやへこみがあれば、状態にもよりますがマイナス査定となってしまいます。下地が出ていない細かいキズであれば、査定前にコンパウンドなどで磨いておくといいでしょう。

キズやへこみは直した方が査定額は高いの?

 キズやへこみがある場合、修理をしてから査定をしたほうがいいのでしょうか?一見直しがちですが答えはノーです。例え修理をしたところで修理代以上に査定額は上がりません。板金修理は修理箇所が小さくても、修理代はけっこう高いものです。それ故に修理をしても、そこまで査定額が上がることはないのです。

 それどころか、修理の方法や仕上がり具合が悪い場合、マイナス査定となってしまいます。これでは何をしているかわかりません。新車のときの塗装と修理のときの塗装は異なりますから、査定員にだまっていてもすぐに見抜かれてしまいます。

 では、キズやへこみがあるとどの程度査定額はさがるのでしょう。実は、それほど大きなキズやへこみでなければ、そこまでのマイナス査定とはなりません。これは、中古車として再販する場合にキズやへこみを安く修理する方法を業者が知ってしるからです。