カーナビやサンルーフの査定額について

カーナビの査定額

カーナビの付いたクルマを売りに出したり、下取りに出したりした場合にはどれくらい査定額が変わるのでしょうか?カーナビといっても種類があり、その種類によって査定での評価は変わります。

CDナビといわれるナビは今ではほとんど見かけないくらい旧型です。査定額はゼロだと思って間違いありません。次にDVDナビですが、新しいナビであればそれなりに評価してもらえるでしょう。ただし、ナビディスクが欠品していると減点となります。現在主流ともいえるHDDナビであれば査定額がアップする可能性があります。しかしながら、HDDであればいいというわけではありません。

新しいモデルか人気モデルなら査定はアップします。簡易型のメモリーナビでは査定はアップしません。また、ディーラでは純正品のナビ以外は査定額がアップしない場合もあるようです。

 

サンルーフの査定額

新車時にサンルーフをオプションで取り付けると、車種にもよりますが10万円くらいの費用がかかります。では、査定時の評価はどうでしょう。車種にもよりますが、中古車市場でもサンルーフ付きのクルマは人気が高いようです。ですから、査定時にもサンルーフが付いていれば高額査定が狙えるかもしれません。

サンルーフ無しの同車種に比べて10万円くらい査定額がアップすることもあります。サンルーフは付けておいて損はなさそうです。ただし、サンルーフを付けると確実にボデー剛性は低下します。その点だけ注意しましょう。