事故車の買取りの査定額について

事故車とは

事故車とは、事故で損傷したまま修理していないクルマのことをいいます。修理したクルマであれば事故歴はありますが事故車ではありません。

 

事故車の買取りの査定額

事故車とひとくちにいってもその程度はばらばらです。もし自走できないほど損傷しているのであれば、通常の買取り店では査定もしてもらうのは難しいでしょう。事故車専門の買取り店や解体屋さんにお願いするしかありません。ディーラーでも引き取ってもらえるかもしれませんが、ゼロ査定になるのは確実です。

自走できないほどの事故車といっても、ほとんどの場合は使える部品が残っています。損傷がなければ、ヘッドライトやテールレンズ、マフラーやタイヤなどは中古部品として十分使えます。最近は中古部品の需要多くなっています。動かないからといって諦めずに査定してもらいましょう。

また、自走できる場合は、通常の買取り店の方が高い査定額が付く可能性があります。これは、修理をして中古車として再販できる可能性が高いからです。また、日本車は耐久性に優れているため海外での需要があることから、輸出されることもあります。事故車のまま査定を受けるより、修理をして査定を受けたほうがいいように思う人もいるでしょう。しかしながら、修理代以上の査定額アップはありませんからそのまま査定を受けたほうがいいでしょう。