買い替え時の査定額について

買い替え時の査定額

クルマを買い替える場合に、今まで乗っていたクルマを下取りや買取りに出すと思います。買い替え時に注意することは、新しいクルマの納車時期です。新しいクルマが納車される前にクルマを手離してしまうと、当然ながらクルマがない期間が発生してしまいます。

査定時には、その査定額はいつまで有効なのかということを確認しておく必要があります。買取り店などでは、高額査定の条件として即日売却することを求められることもあります。いくら高い査定額を提示されても、クルマが無い期間は不便ですから代車などの相談をするといいでしょう。

 

買い替え時の下取り査定額は高い

クルマを買い替える場合に、購入する販売店で下取りのため査定してもらうこともあるでしょう。下取りの場合は次のクルマを購入してくれることを販売店も考慮しますから、査定額に多少は色を付けてくれることもあります。とはいえ、新しいクルマの値引き額には限度があるため、査定額を上乗せしているのが実情のようです。つまり、新しいクルマの購入価格から、査定額を値引きするようなものです。

下取りの場合は即日売却するということはありません。また、車検が残っていれば次のクルマが納車されるまでそのまま乗っていられますから手間がかかりません。ただし、車種などによって下取りがお得か、買取りがお得かがかわります。どちらも査定してもらい交渉のネタにするのもいいでしょう。